光ファイバー エリア

光ファイバーのエリアは?

光ファイバーを利用するには、光ファイバーサービスを受けることができるエリアに住んでいることが最低条件となります。

 

『あのプロバイダーのサービスが受けたいけど、自分の家がそのエリア内に入っていない…』という状況であれば残念ながら幾ら頑張ってもそのプロバイダーのサービスを利用することはできません。

 

引っ越すしかないということです。

 

どの会社も少しずつ光ファイバーを利用できるエリアを拡大していっていますが、場所によってネット利用率などにも差がある為、日本国中全てで光ファイバーを利用できるようになるにはまだまだ時間がかかりそうですね。

 

同じプロバイダーでも、マンションタイプと一戸建てタイプではサービス提供のエリアに差があるなんてこともしばしば見受けられます。

 

地域密着型のプロバイダーなども存在し、ある一定の地域内でしかサービスを行わない会社も実際に増えてきています。

 

資本力が小さい会社はエリアを拡大できない分、行き届いたサービスをすることで顧客から信頼を得ている場合があり、そういった会社と巡り会えればエリアが小さいからと言って大きな会社よりもサービスが劣るということもあまりないでしょう。

 

そしてエリアが限定されているプロバイダーは利用料金が安い傾向にあります。これは利用者にとってとても大きなメリット。

 

光ファイバーの回線の性能自体にはさほど違いはないので、セービスの提供エリアは狭いがそういった料金やサービス面で還元しているところを選ぶのもひとつの方法です。

 

気になるプロバイダーを見つけた場合、そのサイト内で自分の住んでいるエリアがサービス対象内かどうかすぐにわかるコンテンツがあります。

 

郵便番号を入力したり住所から割り出したり、その方法は様々ですが、契約したい会社が見つかったらまずそれを利用してサービス対象エリアに収まっているか確認したいですね。

 


4万円以上が【確実】にもらえる光回線契約の方法


光ファイバーのエリアは?利用できる地域の情報【光対応状況チェック】
光ファイバーのエリアは?利用できる地域の情報【光対応状況チェック】 光ファイバーのエリアは?利用できる地域の情報【光対応状況チェック】
光ファイバーのエリアは?利用できる地域の情報【光対応状況チェック】
光ファイバーのエリアは?利用できる地域の情報【光対応状況チェック】
光ファイバーのエリアは?利用できる地域の情報【光対応状況チェック】

光ファイバーのエリアは?利用できる地域の情報【光対応状況チェック】関連ページ

光ファイバーとADSLの違い
光ファイバーは料金が少しADSLより高くなりますが、その分以上の圧倒的な高速回線が手に入ります。回線の品質でみると、ADSLの上位互換サービスと言ってもいいのではないでしょうか?
光ファイバーの通信速度
光ファイバーは料金が少し上がっても、通信速度が高速でしかも安定しています。この安定というのがとても大きくて、動画のストリーミングや対戦型のゲームで大活躍。新しい楽しみ方ができます。
光ファイバーのセキュリティ
光ファイバーのセキュリティはいくつか種類があって、その中から自分で選ぶことができます。NTTの東西ではそれぞれウイルス対策ソフトをはじめに利用することができます。また、プロバイダが提供している場合もあります。
光ファイバーの申し込み
光ファイバーの申し込みは、電気店などでフレッツ光契約をすると家電の料金を割引にするというタイプのキャンペーンをよくやっていますが、アレにはいくつか落とし穴があります。公式のネット申し込みがおすすめ。
回線工事・初期費用
光ファイバーの初期費用で一番気になるのが回線工事ですが、どれぐらいの料金がかかるのでしょうか?回線業者によっていろいろな違いがありますが、はじめての申し込みなら公式で割引や実質無料になるかも?

料金徹底比較 特典・キャンペーン フレッツテレビ サポートQ&A 料金No1光ファイバー